ボーダー ライン パチンコ

ボーダー ライン パチンコ

あなたも好きかも:カジノ コナミ
マイカの名前で話は通してあるからな」 「へ? わ、わかった」 よく分からないが、カケルさんがただ者じゃないことはわかった

あなたも好きかも:バイトル 松戸 パチンコ
だってギルド中がずっとカケルさんに敬意を込めた視線を送ってたしな

 さっきまでカケルが撫でていた灰色の髪に残る温もりを感じながら黒髪の青年を見送る

(行ってらっしゃい! どうか気をつけて) 祈りにも似た気持ちに戸惑いながらもマイカの表情は明るい

 カケルの姿はもう見えない――――あれっ? 戻って来た?「……スマン、お土産渡し忘れてた」 思わず吹き出すマイカ

(まったく、頼りになるけど意外に抜けてるとこもあるんだな

嫌いじゃない

アンタみたいな男、ほっとけないだろ……)

「リリスさま、そんなにガッカリしなくても良いじゃないですか」 露骨に元気が無いリリスをリノが慰める

「……だってカケルくん、来たと思ったらすぐに行ってしまうんですもん」 「……もんって……まぁ可愛いから良いですけど! カケルさまも忙しい中、わざわざお土産持って来てくださったんですから」 カケルが持って来たバスケットを差し出す

あなたも好きかも:スロット 競馬倶楽部 フリーズ
「……何が入ってるのかしら? カケルくんが作ったって言ってたわね」「カケルさまは料理の腕も超一流らしいですからね

(すごい優良物件です!!)楽しみです」「えっ、リノの分は無いわよ?」「何でですか!? カケルさまが2人で食べて下さいって言ってたじゃないですか!!」「…………冗談よ、食いしん坊なのね、リノ」 チロリと舌を出すリリス