パチンコ 勤務時間

パチンコ 勤務時間

だのに、俺は、おまえの幼稚な挑発に乗ってしまった

危うくおまえを滅ぼし、この世から消し去ってしまうところだった」 クオンは静かに立ち上がると、トワからこちらに視線を移してくる

あなたも好きかも:スロット エナジー 評判
「……それでいい、と、想っていた」 クオンの両目は、金色のままだ

百万世界の神々、その代行者たる彼のまなざしには、先程まで存在していた敵意はなくなっていた

柔らかく、しかしどこか切なげな光が宿っている

穏やかで、いまにも消えてしまいそうなほどに儚げな光

「ぼくはね、セツナ

あなたも好きかも:スロット 事故 動画
君に滅ぼされたかったんだ」 クオンの告白は、セツナにとって予期せぬものではなかった

想像通りといっていい

だから、なにもいわず、耳を澄ませた

「ぼくは、この世界を護りたかった

あなたも好きかも:うしじまくん パチンコ
この世界に召喚され、この世界のひとびとと触れ合い、この世界を知り、この世界を理解していく中で、想ったんだよ

この世界を護るために生まれ落ちたんだとね

それがぼくの生まれた理由で、生きている意味で、死ぬ意義なんだと、そう考えていた

信仰していたといってもいい

単純だけど、それがぼくのすべてだった」 彼のその想いがいかに強烈で純粋だったのかについては、彼がみずからの使命を全うしたことからもわかる

眩むほどの光を放つくらいに真っ直ぐだったからこそ、命を燃やし尽くすことができたのだ

不純物のひとつでも混じっていれば、あのようなことはできなかっただろう

「……ありがとう」「なぜ?」 クオンが自嘲するように笑った