宮城 パチンコ 爆 サイ

宮城 パチンコ 爆 サイ

さよならを言ってたの」「……そっか」「うん……」 生美は優しい顔で肩を抱くと「行こうか」と一緒に足を進めた

 ――五時限目の授業が始まり、それぞれのクラスで授業が行われる

あなたも好きかも:スロット 当たり 軽い
選択科目に音楽を選んだ優樹は、いつもと見慣れない顔の周囲の生徒たちに囲まれながらおとなしく授業を受ける

一ヶ月間の選択科目の半分を反町と一緒に選んだ為、今日のこの時間は彼と同じ

だが、席が近いわけでもなく、目を合わすこともなにもない

ただ、やはり“元”奉仕屋の部長と副部長、それも恋人と噂のあった二人が一つの教室にいると周りの生徒たちの興味はいやでもそちらに向く

それでも二人はそんな空気に答えるつもりもなく、ただ授業に専念した

……とは言っても、音楽の授業なんて退屈で、単位が欲しいためだけに受けているようなものだ

 優樹は手で口元を隠して小さく欠伸をし、体の力を抜いて深く息を吐いた

 ……ちょっと退屈

あなたも好きかも:1月11日 パチンコ イベント 大阪
 教師がピアノでメロディを奏でる

その音が心地よく、なんとなく眠たい気分になってきた