バカラ スーパーシックス

バカラ スーパーシックス

 ――中では、未奈子を含めてみんなで談笑している

どうやら、一平と大介の中学時代の暴露話をしているようだ

 優樹と加奈はその輪に入ることなくドアの傍で足を止め、生美の行き先を目で追った

あなたも好きかも:ファイナルファンタジー ゲーム機
彼女はみんなの間を抜けて、真っ直ぐ、洋一に向かっている

近寄ってくる気配に気付いた洋一は、笑っていた表情を一変させて恨めしそうに目を据わらせ、ベッドの傍に立ち止まって真顔で見下ろす生美にため息を吐いた

「やっと傍に来たかおまえは」 憎らしく声を掛けると、笑い合っていたみんなもフッとその空気を止め、二人を窺い出す

 洋一はベッドから降りることなく、あぐらを掻いた状態で不愉快げに胸の前で腕を組んだ

「おまえはホンットに、あっち行ったりこっち来たり

あなたも好きかも:オンラインゲーム メリット
ウロウロしやがって」「……ジャックを知ってるの」 静かに告げた声に、みんなの視線が彼女に集中する

あなたも好きかも:シャーロック・オブ・ロンドン
未奈子は怪訝に眉を寄せて「……ジャックて誰?」と一平に尋ねるが、彼は何も答えずに、生美の出方を真顔で窺うだけだ

 冷静な顔で見下ろし告げられた洋一は、間を置いて「……はっ?」と顔をしかめた

「ジャックって……今日のヤツか?」「……違う

……別人」 話が見えてこない

 淡々とした受け答えに洋一は更に顔をしかめた

「違うって……なんでわかるんだよ」「……私の元彼がストーカーまがいなことをしているの」 しんと静まり返った室内で聞き耳を立てていたみんなは次第に表情を真顔に変えた

何事かわからなかったが、話はかなり深刻だ、と認識したのだろう

 それは洋一も同じだ

「つまり……そいつがおまえを狙ってるって事か?」 真剣さの中に怒りを含めて問うと、生美は無表情で、間を置いて頷いた