岡山 カジノ

岡山 カジノ

「お、おい!私が小さい上に、無職で遊び歩いてるから 頼りないとか言う気じゃないだろうな!」ナンスナーは俺の不安を感じ取ったようでナーニャの頭の上に乗り、こちらへと指をさして怒ってきた

「いや、ナンスナーの考えは凄く良いと思うんだが 相手があのセイだからなぁ……」ダメなことをするときも、こうやって病んだ時でさえも桁違いにやらかすのがセイである

あなたも好きかも:スロット エヴァ 台
ナンスナーは良い奴だと思うが、補佐役としては頼りない気もする

ナーニャが思いついた顔で「じゃあさー、セイさんから切り離したあとに その余ったお肉を使って ナンスナーさんもおっきくしちゃおうよ!」全員で唖然とナーニャを見つめる

「で、できるのか?」俺が、恐る恐る尋ねると「うん

セイさんの余ったお肉さんたちが いいよ

って言えば簡単だよー?」「ま、待て、ナーニャ

 ナンスナーさんに心の準備をさせてくれ」ナンスナーは焦った顔で深呼吸を始めた

俺はもう一度考え直す

確かにナンスナーが大きくなればセイに対抗するくらいのパワーがありそうではある

それにナンスナーは今まで少なくとも大きな失敗をしたことは無いはずだ

あなたも好きかも:龍が如く 0 パチンコ
「……回復魔法は、身体がでかくなったら 効果が上がるのか?」試しに尋ねてみる

「分からんけど、そうかもしれない

あなたも好きかも:赤すぐ ルーレット
 弱くはならないんじゃないのか?」ナンスナーは首を傾げて、ナーニャの肩から答えてくる

俺はずっと黙っているアガタの顔を見る彼女は、俺の意を察すると「……お任せします

もう我々では セイ様はどうしようもないので……」アガタに頷くと、俺は立ちあがる