パチスロ おすすめ台

パチスロ おすすめ台

「まだちょっと……ぼんやりするかな……」「しとるって感じやな」 と、大介は彼女の様子に納得してドアを閉め、一平と同じくソファに近寄り腰を下ろした

「寝とかんでエエんか?」「……うん、……たぶん」「たぶんてなんやねん

大丈夫なんか?」「……うん

……たまに、頭痛して……クラクラするけど……大丈夫」「大丈夫ちゃうんちゃうそれ」 うつろな表情で返事をする優樹に大介は顔をしかめ、洋一を解放した反町も少し怪訝に眉を寄せて首を傾げた

あなたも好きかも:まどマギパチスロ
「そんな状態でみんなの病室に行ってたの?」 普通に問われた優樹は「……え?」と一瞬反町に目を向けたが、「……あ、う、うん」とすぐに目を逸らし、俯いた

「早く謝らなくっちゃ、って……思って……

気になって……」「無理しちゃ駄目だろ?」「……う、うん

……わか、……り、ました……」 まだ意識がすっきりしていないからなのか

あなたも好きかも:パチンコ yasuda 八潮店
 やはり戸惑い目を逸らしっ放しで辿々しく話しをする優樹に、反町はフッと表情を消し、洋一はため息混じりに苦笑して胸の前で腕を組んだ

「なんだよ優樹ちゃーん

そんなに遠慮する相手かー?」 今更そんなこと、と言わんばかりの呆れた笑みを向けるが、優樹は洋一とも目を合わせられず、少し困惑げに顔をゆっくりキョロキョロさせると、そっと、そうっと後退してベッドに向かいちょこんと片隅に座った

床に届かない足をブラブラさせ、膝に置いて絡める両手に視線を落とし一言も声を発さない

どこかしら壁を作る彼女に、一平と大介は顔を見合わせた

 ――やはり、昨日の今日で絡み辛いか? それとも、一度空いた距離は縮められないのだろうか

 段々と不安になってきたが、そういう材料は自分たちが意地でも払拭しなければならない

「生美たちがボチボチ来よるでー」 大介が笑顔で切り出すと、肩をピクッと震わせた優樹はそっと顔を上げて彼を振り返った

「さっき洋一のケイタイにメール入っとったみたいやわ