スーパーサザエ スロット

スーパーサザエ スロット

かなり高確率で重要な情報を持っている可能性がある」小百合にそういわれても、解決した後で人が死ぬような事件に康太たちはあまり関わってきていない

件の神父の事件が精々で、それ以外の事件はたいてい穏便に事が進んでいるのだ

記憶が消された、殺されたという違いはあれど、口封じそのものに変わりはない

あなたも好きかも:リング スロット 継続率 振り分け
良くも悪くも目立つか目立たないかの違いだ

「あまり思いつきませんけど・・・ちなみに、神父が殺されたときとか、記憶を消されたときの警備の状況ってどんな感じだったんですか?気絶させられてたくらいしか聞いてませんでしたけど」「えっと・・・一応この支部には問題を起こした魔術師を拘束しておく部屋があるんだよ

いくつかあるんだけど、そこを警備している魔術師含めてだいたい・・・十人前後かな?そのくらいの人間が詰めてる」十人前後の魔術師で警護をしているというのは新しい情報だった

あなたも好きかも:コードギアス スロット r2 ゾーン
現場を見てみないと何とも言えないが、十人全員を気絶させるというのはなかなか面倒である

それができるだけの実力者であるのだろう

康太はわずかに目を細めた

あなたも好きかも:カジノ 背景 フリー
「その部屋に侵入する方法って何かありますか?単純にだれでも入れるとかそういうことはないですよね?」「もちろん、そこに入るためにはいくつか許可が必要だよ

偽装も不可能ではないけど、わざわざ許可書を持って中に入る人は稀だから、その時点で目立つかな」「じゃあどうやって入るんですか?」「そこに勤めている人なら顔パス・・・ならぬ仮面パスだね

といっても一応暗証番号とかの照合はするけど

逆に言えばそれくらいだよ」「・・・なるほど・・・仮面を奪って、その暗証番号を知ってしまえば容易に入れると・・・そういうことですね」文の言葉に支部長はそれはそうだけどと首をかしげる

どうやら入るための警備はそれだけではないようだった

「ぶっちゃけ、その中に入ろうとする人、特に警備についている人ってほとんど顔見知りなんだよね・・・声や体格の偽装でもしないと、彼らを欺くのは難しいよ?」「私生活でも関わりがある人たちなんですか?」「うん、結構昔から付き合いがある人達らしくてね、以前誰かが風邪ひいて代役を立てようとしたときにすぐに見抜いたって言ってたし」風邪の代役をよこすあたりまるでバイトだなと思ったが、逆に言えば仮面をつけて暗証番号を教えた程度であれば簡単に見抜ける

そういう警備がいてそれを突破している

物理的な突破なのかどうなのか、そのあたりも少し気になるところだった