パチンコ 同じ台 毎日

パチンコ 同じ台 毎日

何か手掛かりが見つかればいいが……

 フェルサは匂い辿るようにゆっくりとその手掛かりがあると思われる方へと歩く

あなたも好きかも:カジノ 関連
 俺達は基本、放課後は校舎近くにある寮へ直接向かうのだ、校門には向かわない

 なのでリリアの匂いは昨日のことなら、嗅ぎ分けることは彼女の嗅覚なら可能なのだろう

 そこに混じっているリュッカの匂いをフェルサは辿っているのだろう

あなたも好きかも:大分 市 パチンコ 優良 店
するとピタッと動きを止めると調べるように鼻をくすぐる

あなたも好きかも:地獄少女 パチンコ 曲 cd
「……んー……」 どこかで嗅ぎ覚えがあるのだろうか、難しい顔をして唸り始めた

「どうなの?」「ねぇ! フェルサちゃん!?」 俺達は煮え切らない態度を取るフェルサを急かす

「……嗅いだ覚えはあるけど、顔が浮かばない……」「ということは魔法科の生徒と上級生の可能性は低いか……」 フェルサは騎士科の生徒

嗅いですぐに覚えがあると判断できるのであれば、同級生の可能性が高いと判断できる

「フェルサ、教室で匂いを判断出来れば――」「いや、この学校は自由席だ

みんな疎らだよ……」「それでも確認する価値はあると思う

先生達は生徒がどのあたりに座っていたとか思い出してフェルサと確認を!」 結構な無茶振りを言うが、リュッカの安否がわからない以上は、どんな些細な手掛かりも見逃さないようにしたい

 今のところ手掛かりは――昨日最後に確認されたのはテテュラが窓から見送ったこと

寮で待つと言っていたのに、不自然に出掛けたこと

魔物を討伐するような装備で出掛けたこと

 これだけではリュッカにはたどり着けない