名古屋 中区 パチンコ

名古屋 中区 パチンコ

「ヒルドさん!」やっと心強い味方が来たとほっとしつつ、ネアはそれでも慎重になる

「すぐさま助けて欲しいのですが、この扉を開けてもみなさんに害がないでしょうか?」「大丈夫だよ、ネア」「ゼノ!」ガチャリと扉を開いたのは、ヒルドとゼノーシュ、そして二名の騎士だった

さすが王宮勤めをしていた者だけあり、ヒルドは万全を期したメンバーで来てくれたのだ

あなたも好きかも:パチンコ ジョウズ
心強い仲間達に、ネアはほうっと肩の力を抜いて座り込みたくなる

もう大丈夫だろうか

「良かったです

ディノは、魔術が使えなくなってしまったみたいでしたので」「…………もしかして、それがディノ様ですか?」「はい

なくしたり、はぐれたり、連れ去られるといけないのでここに」ネアの胸元に突っ込まれたムグリスを見て、扉を開けたヒルドとゼノーシュは瞠目する

慌てて駆け寄ろうとしたゼノーシュが、はっとしたように足元を見た

あなたも好きかも:信長 スロット 女
「いけない!ネア、手を伸ばして!」「え………?」多分ネアは、そう言われてすぐさま手を伸ばしたと思う

あなたも好きかも:インカジ マイクロ
しかし、ムグリスディノを落とさないようにしたので、少しだけ動きが鈍かったのも否めない

すぐにばしんと見えない壁に遮られて弾かれた

ざあっと、足元に走ったのは黒く光る魔術陣だ

そこから溢れる光に視界を遮られて、ネアは必死に見えない壁を叩く

反対側で、同じように壁を叩いたヒルドの悔しそうな目が悲しかった