srt スロット

srt スロット

 背中を見送りながら優樹はホッと肩の力を抜き、いつまでも保宅に向かって「うぅーっ」「じぃーっ」とふて腐れた表情で手を伸ばしている二人を見下ろして「行こうか」とベビーカーを押しに掛かった

――が、途中でハッと思い出した

 ……しまった! 加奈ちゃんの話、聞きそびれた!! 自分の事で、つい目一杯になってしまった

 保宅に上手くはぐらかされて悔しさを感じてももう遅い

今更追い掛けて問い詰めても彼は吐かないだろう

 「後で加奈ちゃんに電話してみよう」と気を改め、「じぃーっ!」「ぎゃうーっ」とわがまま全開で両手足を振っている流優と優流を見下ろすと、「しぃーしないとお本しまいしまい」と脅しながらベビーカーを押した

あなたも好きかも:パチスロ の 日
「今日は何してた?」「午前中は梶尾さんが来てくれてて

流優と優流がものすごくやんちゃになってきてるって、なんだか悲しがってた」「男の子だから当然だ

なあ?」 学校が終わると直帰してきた反町に早速流優と優流は突撃してお出迎え

来るとわかって身構えていた反町は二人を両腕で捕まえ抱き上げるとそのままリビングへ運ぶ

あなたも好きかも:ぱちんこ 必殺仕事人 総出陣 設定判別
それがいつものパターンだ

 彼の鞄を持って後を追った優樹は、それをカウンターに置いてキッチンに回ると飲み物を用意しだした

「生美ちゃんからも電話があったよ」「ふうん、そっか」 無関心な返事をしつつ「よし来いっ」と腰を下ろして息子たちのタックルを笑顔で受ける

そんな反町に、リビングテーブルにジュースを運んだ優樹は顔をしかめた

「流君……、変」「ん? 何が?」 突撃してきた二人を抱き止め意地悪して離さないでいる反町に、優樹は怪訝なまま首を傾げた

「電話、久し振りなのに