秦野市 パチンコ店

秦野市 パチンコ店

別に何かしてほしいとかそういうことでもないんだが……いや、そういうことにはなるのか?」「簡潔に、はっきりと何なのか言ってくれない?」「魔女と魔法に関して話したいという人物がいる

その人物と話せる魔法陣を刻んだ遠話の魔法道具を用意した

そちらに話す気があるなら受け取って彼女と対話してほしいんだが……」「いいわよ」「いいのか」 魔女はあっさりと公也の話を受け入れる

あなたも好きかも:パチスロ 小 役 カウンター
一応魔法に関する話をする、そもそも異空間にあるこの地と別の地を結ぶ魔法的な中継、連絡機となる物で場合によっては何か危険もあり得るのだが割とすんなり魔女はその話を受け入れる

「魔法について聞きたい、話したいというのは珍しいしこちらもいつもずっと一人でいるのも寂しいものよ

誰かと話をできるというのはありがたいわ」「ならこんなところにいなくてもいい物かと思うが……」「それはそれ、という話ね

あなたも好きかも:岩国 玖珂 パチンコ
こちらも身の安全のための都合があるのよ

一応私は人とは違う存在だから場合によっては命の危険もある

対策は取っておくべきね」「それなら魔法陣を受け入れるのもどうかと思うが……」「見せてみなさい

私ならその魔法陣がどういうものかわかるわ

よほどの技術者でもなければ何か仕込んでいるとしてもすぐにわかるわよ」「……さすがは魔女というべきなんだろうか」 夢見花はそのよほどの技術者なのだが……夢見花は別に魔女に害する意図があるわけではなく本当にただ魔法関連の話がしたいだけであるため特に問題はないだろう

公也は言われた通りに魔法陣を刻んだ物を渡す

「普通の遠隔会話用の魔法陣ね

問題はなさそうだわ」「魔法に関して話すことは良いのか?」「別に私は魔法を秘匿するとか己の技術を知られることに問題があるとかはないわ

こんな辺鄙な場所に住んではいるけど、別に技術を教えたり広めたりするのは良いのよ