パチンコ 物語シリーズ 天井

パチンコ 物語シリーズ 天井

「……ディッターとは何でしょう?」「貴族院でよくやった競技だ

騎士見習いが騎獣に乗って戦う練習をするために行われるのだが、戦いの場が空になる分、危険性が高い

フェルディナンド様はディッターが得意で、実に巧みな用兵だった」 得意そうにエックハルト兄様が貴族院時代の神官長について語り始めた頃、一際大きな歓声が上がった

どうやら勝敗が決したらしい

 ボルフェの勝者が決まったら、景品の肉が勝利した村に贈られる

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 の 拳 中押し チャンス
 白熱したボルフェが終わる頃には、広場の端に並べられた台の上に次々と料理が出てき始めた

子供達が歓声を上げながら、運んでいき、大人達は酒を注ぎ始める

 その頃には辺りが暗くなり始め、一気に気温が下がってくる

 ひやりとした秋の夜風にふるりと小さく震えた途端、フランがさっと温かい外套を取り出した

あなたも好きかも:パチンコ 地獄少女2 演出
モニカが持って来てくれていたらしい

あなたも好きかも:チャット ルーレット
ウチの側仕え、マジ有能

 先程までボルフェをしていた広場の中央にキャンプファイヤー程の大きさではないが、火が焚かれ、暖と明かりが取れるようになった

焚火の明かりの中で宴会は始まる

 一年間の労働を労い、厳しい冬に備えよう、という町長の言葉で乾杯し、飲んで食べての大騒ぎだ