ヴォルト・オブ・フォーチュン

ヴォルト・オブ・フォーチュン

あの場にタツヨシくんケイローンもあったのだろうと

「まぁ、少しカッとなったのは事実だよね」 フゥと風音はため息をついた

 つまりは先ほどの風音の怒りはダンガーの態度によるもの……ではなく、ワルギレオの背後にあったであろうタツヨシくんケイローンの存在とソレがモンドリーを傷つけたことへの怒りが再燃したものだとジンライは理解した

あなたも好きかも:パチンコ 髭紳士
「力があるからってあんまり短気を起こすもんじゃないね

ちゃんと考えないと色々と取りこぼしそうだよ」「確かにな

しかし、あまり根を詰めるなよカザネ

あなたも好きかも:パチスロ モンスターハンター ワールド tm 天井
お前は笑っておった方が良いぞ」 ジンライはユッコネエの背を撫でながらそう言った

「ん、そうだね

あんま余裕がないのもどうかと思うしね」 風音がイーと両指で口元を広げて笑い、ジンライとユッコネエもそれを見て笑った

「とはいえ、現実問題としてワルギレオの側に守護兵装があるのは厄介だな」「ケイローンも今までのタツヨシくんとは段違いに強いしね

それに、それだけじゃあないんだよ」 風音の言葉にジンライが首を傾げる

「あのとき、あのワルギレオを攻撃しても多分無駄だったっぽいんだよね」「……ふむ? どういうことだ?」 ジンライはベネットという女ゴーレム使い、そしてワルギレオ本人の実力も低くはないとは思っていたが、あの大幕の後ろの存在以外に驚異と呼べるものは感じなかった

あなたも好きかも:偽物語 スロット ミニキャラ
風音の警戒するものが何かがジンライには判断がつかない