スロット 直視 目の動き

スロット 直視 目の動き

似ていて当然だ」 己の言葉に微塵も疑問を抱いていないジンライをジト目で見ながらイリアが「そっすか」と返事をする

なお、イリアはもちろん知っていた

「それでどうだヤツは? ナオキと共にやらせて、大丈夫だったか?」 それからジンライが視線を向けた先には倒れているジローの姿があった

あなたも好きかも:オンラインゲーム m
本日よりジローはジンライの薦めでイリアに二刀流の稽古をつけてもらっていたのである

あなたも好きかも:パチンコ 宮脇
そしてイリアもジローを見ながら口を開く

「はー、アレは恐ろしい小僧っすね

あんなデカいものを持った化け物は初めてっす」「デカい? ヤツは小太刀のはずだが?」 ジンライは首を傾げるが、イリアはご冗談をとばかりに笑った

あなたも好きかも:タイガーマスク パチンコ 99
「ははは、ジンライっちも若返ったのに耄碌したっすね

脳ある鷹はナニ隠すって言うっすし、ジンライっちとは持っているものが違うっす」「ぬう、確かにワシは人より優れたものを持っているとは言えんが、それほどだというのか」 イリアの言葉にジンライの自尊心がくすぐられるが、ジンライも己が人より優れた資質を持っていないことは誰よりも理解しているし、イリアの人を見る目の正しさも把握している

「男としての尊厳が失われかねないものっすからねえ」 またイリアも己の目については絶対の自信があったし、そばにいるだけでアレと比較されるジンライに同情してもいた

そして天が与えたもののあまりの違いにはイリアも戦慄せざるを得なかったのだ

だが、ジンライは笑って言葉を返す

「しかし、ワシにはここまでの積み上げてきたものがある

まだ若いのには負けんさ」「テクでカバーっすか

ジンライっちらしい答えっすね」 そう言ってどちらとも納得がいった顔をすると再度直樹とジローに視線を向けた

 なお、剣術の話に限定した話であればイリアの見立てではジローには才能はない

だが、ないなりに己の力を把握し上手く立ち回ることには長けているようで、その道を極めることは無理でも優秀な戦士として生きることは可能だろうという評価であった

「それでワシはあの小僧とこれから仕合うのでな

場所を空けてくれるか」 そのジンライの言葉にイリアも「いいっすよー」と言ってから「ほらーさっさと起きるっすよー」と無駄に直樹に抱きついて起こそうとしていた