パチンコ 新小岩 アラジン

パチンコ 新小岩 アラジン

引き続き以下略反応が遅れてしまうのはご容赦ください

「なるほど・・・マナの薄いところか・・・」翌日、康太は修業の合間に小百合に今度行く合宿の話をしていた

康太が魔術発動の修業をしている間、小百合は康太が買ってきた週刊漫画雑誌を読みながらせんべいを齧っている

なんというか修業には見えない光景だと思いながらも、小百合は漫画から意識をほんの少しだけ康太の方に向けていた

「確かに術師たちにとってはそこは価値が低い

あなたも好きかも:ひぐらしのなく頃に スロット 絆
まぁお前が行く三日間は比較的問題はないだろう」「そうですか・・・俺の覚えてる魔術ってマナの干渉とかはどうなんですか?」「それも問題ない

あなたも好きかも:コスタール カジノ 景品
干渉される魔術は少なくともお前が今覚えられる難易度のものではない

気にするだけ無駄な話だ」つまりマナの干渉を受けるような魔術はそれだけ難しいという事だ

康太が覚えている魔術はまだ二行程の単純なものだけだ

はっきり言ってそこまで難易度の高い魔術は覚えられていないのである

もちろん魔術だけではなく小百合自身が持つ技術もいろいろと叩き込まれてはいるが、それもまだまだ修得するには至っていない

以前小百合も言っていたが、結局のところは努力と反復練習をしていくしか上達への道はないのである

「だがそうだな・・・確かにマナの薄いところに行けるというのは悪い経験ではない

魔術師として魔力の装填がいつもと違うというのを感じてくるといい