パチスロ 新 鬼武 者 天井 恩恵

パチスロ 新 鬼武 者 天井 恩恵

鎖はエクドイクの体を突き破るような形で出現しており、オーファローは自身を拘束している鎖をしっかりと握りしめていた

 何が起きているのか、理解が追いつかない

だが急いで状況を把握しなければ死ぬと、『嗅ぎ取る鼻』が警戒を鳴らしている

 この場にいてはいけない、この場所は我々がいて良い場所ではない

ここは――「干渉された理の……中……なのか?」「君が視界の中に独自世界を持つように、僕も頭の中に独自世界を持つ

あなたも好きかも:パチンコ 当たりの仕組み
ここは僕の認識した世界、僕が干渉した理の中さ」 この異質な空間には既視感がある

あなたも好きかも:レイヴ パチンコ
そう、『迷う腹』の内部に近い

あなたも好きかも:確立計算 パチンコ
だがあの歪な迷宮である空間と比べ、ここはあまりにも現実的過ぎる

確かに分かることは、我々は現実から切り離され、異なる空間へと隔離されてしまっているということだ

「――そんな……っ!?」 エクドイクが目の前の光景を前にし、驚愕している

これまであらゆる敵を拘束し、倒してきた真なる『盲ふ眼』の鎖

手段こそ封じられてはきたものの、発動さえすればその強固さには絶対の信頼があった鎖が、オーファローの熱によって変形し、溶け出しているのだ