dungeon warfare スロットマシン

dungeon warfare スロットマシン

ちなみに連中の武装は見ての通り、P229が一丁に9ミリ予備弾装が三つ、サバイバルナイフを一振りが各自に配備されているが?」「うむ、まさに見ての通りだな

私は必要ない

腕も鈍っていたところだ、適時合わせて行こう」「貴様は素手くらいで丁度良い――否、それでもまだ充分な差がある

つみれはどうだ?」「あたしは基本的に、武器を使ったことないから、いらない」「ふむ……イヅナがどこまで仕込んだのかは知らんが、必要なら言ってくれ

さすがにムチとろうそくの準備はしていないが」「いや使わないし」「うむ、使われてもこう、対応に困るな、それは

ははははは」「私もそっちの気はないな

サミュエルは?」「用意されているんだ、使おう

あなたも好きかも:グラディウス スロット
拳銃と――ああ、予備弾装はとりあえずいらない

あなたも好きかも:岡崎産業 パチスロ
ナイフも貸してくれ」「ムチの話を振ったつもりだがな

足のモノは使わんのか?」「……対多数の戦闘では、両手を使うよう仕込まれてる

二本あって困るものじゃない」 そうかと言って差し出された拳銃を、ホルスターごと腰の裏に横向きで固定する

ナイフは右の腰にしたことから、つみれは、足のナイフは左なのかな、と思った

あなたも好きかも:パチンコ ボタン 意味ない
そしてそれは正解だ

「さて、一応作戦でも練っておけ

私はあちらの様子でも見てこよう」「いらん気遣いだがな」 受け取っておこうと笑ったミルエナは、つみれの背後に回って軽く背中を押しながら、どういうわけかパイプ椅子に座らせた

その正面にミルエナが立ち、白井は作業している彼らに背中を見せる形で横に位置する

「さて――作戦とは言われたが、どうする」「半端な連携は邪魔なだけだ」「同感だな

やるならば戦闘の中にやればいい」「……お願いがあるんだけど」「なんだ?」「脱がんぞ」「ミルエナは一人で脱いでればいいと思う