ゴッドイーター スロット at

ゴッドイーター スロット at

 ミクが一年生の時の担任は、そのことが徹底されていたのか、一度もミクに対してストリープを弾くようにと言ってくることはなかった

 ところが、学年が変わるとともに変わった担当教師が、ミクにも授業に出る以上は、きちんとストリープを弾くようにと言ってきたのだ

 ミクに関しての引継ぎがきちんとされていないのか、単にその教師の方針なのかはわからないが、ピーチにとっては頭が痛い問題だった

 安心した顔になっているミクを見たピーチは、「それはお母さんがどうにかするから、とりあえずミクは宿題をやって来なさい

あなたも好きかも:乃木坂46 スロット 導入 店舗
今日もあるのですよね~?」「は~い」 ピーチの言葉に、ミクは少し慌てた様子で自室へと向かった

あなたも好きかも:マフィア・シンディケート
 その顔には、宿題のことなどすっかり忘れていたと書いてあった

あなたも好きかも:カジノ 糞
 それを笑いながら見送ったピーチは、いままで黙って話を聞いていたコレットを見て言った

「ごめんなさい

ちょっと話をしてきます~」「出来るだけ早い方が良いから、そのほうが良いわね

――行ってらっしゃい」 そう言いながら頷いたコレットは、ピーチに向かって軽く右手を振るのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 管理層のくつろぎスペースに向かったピーチは、そこにミアがいるのを見つけて、内心で安堵のため息をついていた

 ミクの学園での話は、考助にもするつもりはあったが、すぐに対応ができるのはミアが一番なのだ

「ミア、お話があるのですが~」「あれ? 私ですか? ・・・・・・ああ、ミク関連ですか」 部屋に入って来るなりそう言ってきたピーチに、ミアが首を傾げた

 ピーチがミアに用事を持ってくるなんてことは、ミクに関することしかない

 ミアは、表舞台におけるミクの後見人をしているのだ

 そのミアに頷きながら、ピーチは考助にも視線を向けた

「一応、コウスケさんにも話を聞いておいてもらいたいのですが~?」「うん

それは勿論構わないけれど・・・・・・何があったの?」 考助がそうピーチに問いかけると、ミアも同じような視線を向けて来た