スロット の 日

スロット の 日

……終わるわよね」「……終わらせるんだ」 二人に続いて、反町は顔を上げた

「……終わらせなくちゃいけないんだ

もう」 「……だな」と、洋一は頷いた

あなたも好きかも:パチンコ ネックレス
「……いい奴が傷つくのは、もう、勘弁だ」 そう呟いた洋一をチラ、と見て、生美は間を置き、深く息を吐いた

「……終わるわよ

あなたも好きかも:鬼武者 パチンコ 最高 出玉
……絶対にね」「生美ちゃんー!! もう帰るー!!」 真っ赤な顔で半べそを掻いて駆け寄って来た優樹に、生美は苦笑し、背中に回る彼女を振り返り見下ろした

「はいはい

帰ろう帰ろう」「帰ろうねー、優樹ちゃーん」 洋一が笑いながらスススーと背骨に沿って優樹の背中に指を滑らせる

 優樹は「ヒャウッ……」と奇妙な悲鳴を上げて硬直し、反町がガスッと、洋一の脇腹に右拳をめり込ませた

あなたも好きかも:出牛金 パチンコ
「その後、どうだよ?」 とある日の放課後――

 授業が終わったあと、いつものように部室に集まり、悪戯依頼書を振り分ける作業に取り掛かっていると、向かいの席の立花に問われ、優樹は「ん?」と、手に持っていた束の依頼書から目を上げた

「その後?」「小松と田中の奴」 顎をしゃくり訊かれ、優樹は「ああ……」と笑みを溢した

 ――あの翌日、ギクシャクした雰囲気にならないか、と気になったが、その心配は無用だった

「田中さんも小松さんも、仲良くしてるよ

休み時間とかもよくおしゃべりしているし