パチンコ 7日

パチンコ 7日

「とにかく何も無いんだから解散して」 スティックを背中から抜いた途端、ホールの空気が凍り付いた

 まさかと思うけど、これで殴られると思ったんじゃないだろうな

「杖よ杖

あなたも好きかも:ブラックジャック 無菌テント
ショウ、手をお願い」「ああ」 今度はどよめきが沸き起こり、肌で敵意を感じ出す

 誰だ、私が慕われてるって言った人は

「じゃあ、サトミ」 サトミの柔らかい手を握るが変化なし

 というか、むしろ敵意が強まったんじゃないのかな

 とはいえ実際に妨害してくる人は誰もいなく、あくまでも冗談の範囲内

 時折感じる刺すような視線は、その限りでは無いと思うが

 サトミに手を引かれて、正門へと辿り着く

 いつもの制服着用を呼びかける集団の声は無く、ただ空気は途端に張り詰める

 これにはさすがに目を開けて、一度状況を確認する

あなたも好きかも:デッドマンワンダーランド スロット 中古
 正門に並ぶ警備員

 トンファー型の警棒は腰から抜かれていて、これだけでかなりの威圧感

 警備員の態度も高圧的で、あまり朝にはふさわしくない光景と言える