マルチハンド ブラックジャック

マルチハンド ブラックジャック

 今回のことにも関わりましたし、貴方に確認がしたいと、言って聞かないのです」 ジークの言葉で、今一度トゥーレと話をしてみることになった

 俺は出歩けないので、執務室にトゥーレを呼ぶことになり、付き添いはジークが引き受けてくれた

 やって来たトゥーレは、珍しくガチガチに緊張している

 まぁ……孤児院の外に出る許可が出たことも初めてだし、こちらに来たのも初めてだものな

 大人に囲まれているし、ハインの顔は怖いし……

ちょっと

あなたも好きかも:不二子2 スロット アプリ
あまり睨まないでやってくれってば

「なかなかそちらに顔を出せなくてすまないな

 まだ徘徊禁止が解けてないんだよ……」 トゥーレに、まずそう声を掛けた

あなたも好きかも:jfj 設定キー スロット
 俺の様子を見て、ホッとしたように肩の力を抜く

 きっと心配させていたのだろう

「もう元気なものなんだけどね

足裏の怪我が完治しないことには歩かせてもらえないんだ