真 北斗 の 拳 パチンコ

真 北斗 の 拳 パチンコ

あなたも好きかも:スロット まどマギ 解析
 それは黒い双三角錐柱であり、ミドガルドの掌に収まるほどに小さかった

「それが……術式転写機構……ですか」「その核となるものだ

ここにウルクのすべてが記録されているといっていい」「核……」「術式転写機構は、この核を含めた機構のことでね

ウルクのこれは、旧型もいいところなのだよ

新型に比べれば、失敗作といってもいいくらいの出来だ」 ミドガルドは、淡々と事実を告げるように述べた

あなたも好きかも:パチンコ 新台 過去
ミドガルドが同士たる神々の協力によって得られた知識は、魔晶技術に様々な革新をもたらしたのだろう

だからこそ、術式転写機構も、旧型と新型では大きな性能差が生まれたのだろうし、躯体もそうだ

技術の急激な進歩は、弐號躯体すら過去のものとした

それは喜ぶべきことなのだろうが

「微調整を行う暇がなかった関係上、窮虚躯体には、旧型の頭脳のまま移植せざるを得なかったがね」 新たな躯体には、旧型の頭脳を用いる必要はない、ということだろう

 そのとき、セツナは、全身に警告が駆け抜けるのを認めた

「なんじゃ!?「セツナ!」 ラグナとマユリ神がそれぞれに反応する中、セツナは、ミドガルドの手の中の物体を見た

黒い双三角錐柱に変化はない

あなたも好きかも:オータ 新座 スロット
しかし、違和感は、そこから感じたのだ

すぐさま頭上に視線を移す

神々がこちらを見下ろしている

神々もまた、違和感を覚えたらしく、全周囲に注意を向けていた