名古屋 パチンコ 屋 優良 店

名古屋 パチンコ 屋 優良 店

「先代は言い方は悪いが、お前たちの『扱い方』が上手かったんだな」グランドールの言葉に、シュトは深く頷いた

あなたも好きかも:スロット 花火 6号機
「それは本当にそう思います

俺、こんなだらしないっていうか、少し乱暴者に見えそうな服装が好みで

教会の頃は"シュトがしっかりした格好をしてないとアトまでそんな目で見られるから、ちゃんとした格好をしていなさい"って言われて、まあガキのふざけた格好なんて、シャツの裾をしまえぐらいなもんだけど、いつもキツキツな感じになってた

"アトがいるから"って、嫌な気持ちが育ち始めていました

あなたも好きかも:ワイルド祭り
大切な2人きりの家族を憎みそうになるのを、師匠は上手く止めてくれました

"野良作業するわけでも、戦にいくわけでもないんだからシュトの好きな格好してなさい"引き取られた翌日にそう言って、古着屋に連れて行って貰らって自分で選んで買いました

まあ、俺が選んだ服に師匠はちょっとだけ驚いてましたが」「アイツは、シンプルなのが好みだからな」シュトの言葉にグランドールは思い出したように、感想を言った

「約10年間師匠と一緒にいましたが、師匠は銃の事も丹念に教えてくれましたがアトとの『関わり方』も教えて貰ったとおもってます」『何をするにしてもアトの為に"してやった"、と考えて行動するのは止めなさい

そうすると必ず心がどこかで、見返りを求めてしまう

何か世話にするにしても、"ついでにやっとく"ぐらいの感覚で』そんな風にシュトを指導する一方で、アトにはコミュニケーションの基礎を何度も丁寧に指導していた

『おはようございます』『こんにちわ』『こんばんわ』『おやすみなさい』『ありがとうございます』『ごめんなさい』先代の『銃の兄弟』は生活の中で機会がある度に、アトに反復演習を繰り返させた

「実際、深くコミュニケーションを取らない相手なら、言葉はそれだけで用は足りてました」シュトそう言って、アトを見る

ソファーに座り、上下に楽しそうに揺れている弟とそれにつられて揺れる「ウサギのぬいぐるみ」を部屋の中の全員が見詰めたが、アトは全く意にかいしている様子はなく、笑っている

(グランドール、そろそろ、この兄弟さん達の、腕前やら、用心棒の事を、聞いて、欲しいの、だ、けれど!)そんな中でグランドールの頭の中にアトの上下運動に伴って、テレパシーの声も揺れているウサギの賢者からの声で、結構旧友もキツいのだと分かったので、グランドールは話を切り出した

「ところでアトにも銃を持たせているが、アトも銃は扱えるというか、撃てるのかのぅ?」グランドールの質問に、シュトは口を一度閉じる