甲子園口 パチンコ 事件

甲子園口 パチンコ 事件

毒による麻痺、魔法使いたちを行動不能にするための活動……はっきり言ってヴィローサであればメルシーネが一気に街中を駆け抜けるのに合わせて力を使うだけであっさり全滅……いや、全員の麻痺、行動不可能状態を作り出すことはできる

ただ、その際の被害は絶大なものとなる

あなたも好きかも:エウレカセブンao スロット art 直撃
 麻痺による死はない、ヴィローサが毒を完全に制御してその性質を操作しているため本当にただ動けなくなる、一時的な麻痺で済ませることはできる

あなたも好きかも:パチンコ ルパン三世 不二子
ただ、麻痺することによる行動不可能になることによる弊害はないわけではない

あなたも好きかも:笑うせぇるすまん パチンコ 期待値
例えば赤子や寝たきりの老人みたいな現時点で生命力の高くない人物

これらを麻痺させてしまえばそれによって結果的に死ぬ危険はある

例えば現在火を使っている人物

火をそのまま放置してしまえば最悪火事を起こす

そしてその火事は燃え広がり消す者もおらず、結果として被害が大きくなりすぎてしまうだろう

例えば現在階段を昇っている人物

麻痺してしまえばそのまま落下、受け身すら取れず当たり所が悪ければ死んでしまう

そういった様々な人物、これらの例に限らず様々なパターンで麻痺してしまうことによる死亡の危険があり得る

その危険がある以上はヴィローサにその力を乱暴なやり方で使わせるわけにはいかない

 とはいえ、ヴィローサの言う通り面倒くさい……という方向性だけではなく、そもそも危険なところに連れて行き辛いという面でメルシーネはどうしてもヴィローサを連れて魔法使いの方に行くのは難しいだろう

もっともならばどうするのか、という話になってくるのだが

「それなら私はどうするわけ? キイ様に頼まれた通り、行動するしかないんだけど?」「こちらもヴィローサを守るように頼まれているのです

近づいて……魔法使いだけに限定するわけですけど、麻痺させて倒す……いえ、倒すというか動けなくする、ですけど」「じゃあさっさとしましょうよ」「あの二人の戦いに介入するのもどうかなのですし、あの二人がどうにかした魔法使いはセージたちが対応しているのです

そこにわたしとヴィローサが介入するのはどうなのか、と思うのです」 ゼーメストとリーンが戦っている場に介入するのは危険度合いという点でもあれだし、二人の邪魔をするのも場合によっては敵認定されかねなくて危険、そもそもメルシーネとヴィローサが手を出す必要もない

二人だけで十分やっていける