my スロット

my スロット

クオン=カミヤと団員たちの活躍なくして、この戦勝はなかった

あなたも好きかも:オンラインゲーム・eスポーツ議員連盟
彼らがいなければ、ジナーヴィに蹂躙され、敗北していたことは想像に難くない

 ガンディア方面軍第五部隊も、レマニフラの黒忌隊・白祈隊も、無傷だ

前線に出ていないのだから当然とはいえるのだが、中央部隊で被害がでたのは《蒼き風》だけというのは、少々問題かもしれない

傭兵たちから不満の声が上がる可能性がある

あなたも好きかも:いわき スロット
保証を手厚くするべきだろうか

 それはつまり、大将軍アルガザードが前線に出て行かずとも勝利を得ることができたということの裏返しでもあるのだが、実際は、《白き盾》の武装召喚師頼りの戦術だったともいえるのだ

 とはいえ、武装召喚師の有用性は、セツナ・ゼノン=カミヤによってとっくに示されている以上、彼らを中心とした戦術を組むのは必然であり、アルガザードの戦い方を非難することは誰にもできない

第五軍団が打って出ても、《白き盾》が護りきれず、被害が増えただけかもしれないのだ

あなたも好きかも:福島市 バカラ
そういう意味では、《白き盾》と《蒼き風》の連携は効果的だったのだろう

 死者は、敵味方関係なく手厚く葬られた

せめて、国に連れて帰ってやりたいという気持ちも大いにあったのだが、いまはそんな悠長なことをしている場合ではなかった

戦場に葬り、鎮魂を祈ることだけが、レオンガンドたちにできる死者への手向けだった

 十七日の朝日を拝む頃、ザルワーン側からの投降兵は八百人を数えるようになっていた

部隊ともども投降してきたゴードン=フェネックの呼びかけが効いたのか、はたまた、逃げたはいいが、行くべき場所もなく、戦場に戻ってきたものが多いのか

どちらにせよ、投降兵を無碍に扱うこともできず、レオンガンドたちは多少頭を悩ませた

 戦いに組み込むには、不安が大きすぎる

かといって、ただ連れ歩くということも同じだけ不安だ