怒濤の剣

怒濤の剣

「大丈夫だ

一応地盤は固まった

あなたも好きかも:ディーラー カジノ エロ
 事業の手続きは昨日で終わったらしいから、秘匿権が絡んでも、事業の一環だと言いくるめられるさ

 それに、これは人命が関わってるから

秘匿権なんて言ってる場合じゃないんだよ」 俺たちでさえ冬場の食事は貧しいことが多いんだ

下手をしたら、ホセの村では冬を越せない者が存在する可能性もある

 マルの地元だって、そうだと聞いた

だから、これはホセたちだけでなく、我々にとっても重要なものになる予感がしてる

「まぁ、そう言うなら……どれくらい必要なんだ? あ、いや、いい

あなたも好きかも:ビンゴ スロット フリーズ
用意しとく

 それより先に買い出し行って来い

どうせ見なきゃ意味分かんねぇもん作るんだろ?」 サヤをつれて、一旦部屋に戻る

あなたも好きかも:スロット 歴史 5号機
 本日は俺も変装だ

まずは商店を色々見て回るつもりでいた

貴族の格好で行くと、いちいち歓待されて長くなる

 髪をまとめ直してもらい、服装も長衣から短衣に着替える

「お揃いですね」 と、サヤが微笑むのが何やら恥ずかしいが……ようは従者に見える服装になったわけだ

 とはいえ、顔は晒せないので、陽除け外套を上に纏う