パチンコ 包丁

パチンコ 包丁

「…………正直に言うと、本当は着飾ったサヤを他に見せたくないっ」「っ、えっ⁉︎」「サヤはどんな格好してても綺麗なんだ

あなたも好きかも:本庄 パチンコ max
男装してたって、いつもそう思ってる

なのに、わざわざ飾り立てて人前に出すなんて、そんなことしたら、みんながサヤを見てしまうっっ」 こんなに可愛いくて、美しい

あなたも好きかも:やめた パチスロ ライター
だからできることなら、独り占めしておきたいのだ

だけど、それと同じくらいに……

「サヤを、自慢したい気持ちも、ある……

 誰が見たってきっと美しいって思う

あなたも好きかも:パチンコ 新装開店とは
そんな人が、俺の傍(かたわら)にあるんだって、見せびらかしたい……

 だけど、本当のサヤの美しさを……見た目だけじゃない部分まで、全部知ってるのは俺だけなんだって……優越感に浸りたいと、思ってる……

 ごめんっ、ほんと小さいっ、技量が狭いって分かってるんだけど、そういう気持ちが、どうにも捨てられなくて!」「あ、あの……も、もう、結構ですから……」「サヤが自分のこと、ちゃんと自分でできる人だってことは、俺が一番よく分かってるよ! 人の手を借りないできちんとやるのも、サヤの美徳の一つだ

そんなところは本当にかっこいいなって!」「いえあの、もう、それくらいに……!」「サヤが俺の隣にいてくれることが、どれほど俺を救ってくれているか……俺は本当に幸せだって今、心の底から思ってる!」「……盛り上がっているところを大変申し訳ないのですが、早くサヤを行かせてやりませんと、仕度の時間が足りなくなります」 舞い上がってしまっていた頭に氷塊が落とされたのかと思った

 冷え切った声音のハインが空気も読まずに割り込ませてきた一言で、部屋にいるのがサヤだけではなかったことを、今更思い出す羽目に

 夜会に参加するのは俺とサヤだけ……従者や武官は控えの間に待機

だから……普段より多少小綺麗な格好に着替えてはいるものの、シザーやオブシズは俺たちの準備が済むのを部屋の隅で待っていて、留守番となるマルだって、当然ここに、いるわけ、で…………皆の視線が痛いものを見る感じだった

 蒼白になって固まった俺から、スッと手を抜き取ったサヤが、俺とは対照的な火照った顔を両手で隠し、ものすごい足早に「準備をしてきます!」と、隣室へ逃げ去っていき、後にはただ沈黙……

 まずそれを破ったのは、咳払いしたマル

「まぁ、あれですよねぇ