クレア スロット

クレア スロット

 帰属する

焼き払う

逃げる(自殺含む)

 どのように物語が終わるにしろ、主人公の「犠牲」をもって、「組織」に帰属することの危険性を伝える教訓として機能します

最終的に伝わるべき深いメッセージは、自分の心の声を聞けということです

あなたも好きかも:舛添 カジノ 反対
誰もがなんらかの「組織」に属さないわけにはいかないとはいえ、最終的に絶対に守らなければならないのは、私が私であるという理由、つまり個人の精神のはずです

あなたも好きかも:スロット 乙女魂
最後に 今回は「組織・制度」ジャンルについてまとめました

 必要な三つの要素「組織」「選択」「犠牲」を揃えて、小説を構成してみましょう

「組織・制度」に関する小説は、田中芳樹氏『銀河英雄伝説』『アルスラーン戦記』のような群雄劇が手本となります

 また片足をかけている小説として上記した『ソードアート・オンライン』や『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

』なども参考になるでしょう

あなたも好きかも:同人誌 スロット
ジャンル4:勇者譚 有史以来、どの文化の神話にも必ずあるのが「選ばれし者」つまり「勇者」の物語です

普通の人々よりなにかがすぐれているひとりの人間がいて、その役目(と運命)は、立ち上がって障害物を乗り越え、巨大な悪を倒し、もしかしたら世界も救うところまで行くというお話になります

 平凡な人間の世界でただひとり「非凡」な自分に気づいてしまった人の物語です

 スーパーヒーローと聞くと、マントやタイツに身を包んだアメコミ的なヒーローを思い浮かべるかもしれませんが、そういう主人公だけの話をしているのではありません(マンガの堀越耕平氏『僕のヒーローアカデミア』のオールマイトのようなスーパーヒーローでなく、ヒーロー養成学校「雄英高校」の生徒が主人公ですよね)

 好むと好まざるとにかかわらず、偉大ななにかを成し遂げる運命を背負わされた主人公は、全員「勇者」に含みます