パチスロ バジリスク 2 設定 判別

パチスロ バジリスク 2 設定 判別

もう消えてしまいたいけれど、でもあの方が一人になる

そう考えると自分の愚かさに息が止まりそうになって、声なき声で咽び泣いた

それは、エヴァレインを愛し、その喪失にずたずたにされた心とはまた別の、グレアムの心の別の部屋に残された執着や愛が上げる悲鳴だったのだろう

(このまま、あの方を一人にしておけるものか…………

俺は、あの方を一人になど出来るものか…………!)だからグレアムは、もし自分が望まぬ死を迎えた時にはと遺しておいた、あの魔術を使ったのだ

それは、とある国の守護の形で敷き、組み上げた、大国の安寧の一つを丸ごと贄にする強大な犠牲の魔術である

あなたも好きかも:佐野市 スロット イベント
グレアム自身だけが支払う対価でも補えないその錬成を可能とする為に、一体どれだけの人々の運命が犠牲となったのだろう

だがそれでも

それでも知ったことかと思うのは、やはりグレアムが魔物という生き物だからなのかもしれない

そこまでの覚悟を決めてこの世界から去ったが、けれどもやはり、その術式を起動することには躊躇いがあった

あなたも好きかも:vプリカ 3ヶ月
なぜならば、新しく派生し直したその誰かは、確かに新代の犠牲の魔物としての自我を持ち合わせていたのだから

もはやグレアムではない彼がその全てを差し出し、前歴の誰かにこの命を譲ることを受け入れられる者はどれだけいるだろう

(だからこそ、あえて蝋燭にされるまでに魂を一度歪めた

あなたも好きかも:スロット バグモード
蝋燭としてこの世界のどこかにその心を残しておけば、入れ替えの魔術を行い易いと思ったからだ…………)燭台の塔が在る場所の時間軸は、こちらの表側の時間軸からはだいぶ外れた場所にある

かつての計算では、時間の運行に五年ほどの時差があるようで、つまりはその時間差こそが重複する運命の分岐点となる