pci-e スロット

pci-e スロット

 わたしが心の中で精いっぱい応援したというのに、神官長は頭痛を堪えるようにこめかみを押さえて、わたしを見た

「……もう勝手にしろ

マイン、報告だけは頼む」「え? え?」 意味がわからないまま、二人を見比べているうちに、わたしはジルヴェスターの案内係に任命されてしまった

あなたも好きかも:お助け部 パチンコ
案内係というよりは、お世話係ではなかろうか

「二人とも行ってよろしい」 さっさと出ていってくれと言う神官長の袖をわたしはハシッと握った

案内係を押しつけられて、本題を聞けずに終わっては一体わたしが何のためにここへ来たのかわからない

「神官長、わたくし、帰宅に関するお話があると伺ってきたのです

いつから家に帰ってもよろしいのですか?」 神官長は少し視線をさまよわせた後、わたしを見下ろした

「あぁ、そうだな

魔力を大量に使った後だ

あなたも好きかも:断捨離 ゲーム機
体調を崩しても君の家族では対応できまい

……三日ほどこちらで様子を見て、四日目の朝までに体調を崩さなければ帰ってよろしい

家族にも連絡しておきなさい

それから、今日はゆっくりと休むように」「はいっ!」 わたしは元気よく返事をして、ロジーナと一緒に退室の礼をする

何故か、ジルヴェスターも一緒に立ち上がった

後ろにはジルヴェスターの側仕えらしき灰色神官も一緒だ

「よし、行くぞ、マイン」「ジルヴェスター様?」「私の部屋に来い」「え? でも、わたくし……」 神官長に助けを求めてみたが、神官長は軽く肩を竦めただけで、さっさと行けと顎で扉の方を示した